秋田県

五城目城(馬場目城) 天守が復元されている





出羽・五城目城(ごじょうめ-じょう)は秋田県五城目町にあり、別名を砂沢城・馬場目城とも言う標高96m、比高80mの山城です。
八郎潟干拓地の東隣にあり、スズムシの群生北限地としても知られます。
平安時代の承久年間(931年~938年)に著作された「和名類聚抄」では、率土の果てと記載があり、律令国家時代の統治では北限となっていました。
すなわち、これより北は、蝦夷(えみし)が住んでいたと言う事になります。





下記が、五城目城(馬場目城)への麓の登城口になりますが、いきなり熊出没注意になっています。

五城目城(馬場目城) 

現在は、城跡と言うよりは、森をテーマにした森山森林公園として整備されています。

五城目城(馬場目城)

そのため、森林資料館が城跡にありますが、本来は天守がなかったものの、外観は模擬天守の形をしています。

五城目城

ただし、内部は、名産である森林の資料館になっていますが、入場は無料で、最上階の4階は展望台です。
冬期の12月~3月は休舘で内部には入りませんので、ご注意を。

五城目城

古くから砦程度の機能はあったとも考えられますが、戦国時代の湊合戦のあとに、五城目城に入ったのは、 藤原秀盛(藤原内記秀盛)とされます。
1588年頃に市場が、馬場目からこの砂沢城の麓に移ったと言い、今でも不定期ながらも「朝市」が開催されています。
また、五城目城を築城(改修)したのは、1589年ともされます。
藤原内記秀盛は、のちに五十目秀盛と名乗りました。

城跡には帯郭と物見の跡があり、麓にも屋敷跡が確認できているそうですが、遺構は見当たりませんでした。
下記は五城目城(馬場目城)からの展望ですが、雨が降りだす直前でしたので、だいぶ暗いです。

五城目城からの展望

交通アクセスですが、秋田自動車道の五城目八郎潟ICから車で約10分です。
本丸のすぐ下に駐車場(5台ほど)があり、道は狭いですが、クルマでらくらく登れます。
下記が駐車場の様子です。

五城目城の駐車場

途中案内があるものの、道がわかりにくいので、当方のオリジナル地図もご活用頂けますと幸いです。

電車の場合、JR奥羽本線の八郎潟駅からタクシーで約25分になります。
熊出没注意になることがありますので慎重に。
このあとは、檜山城に行きました。

檜山城 広大な檜山安東氏城館跡 紅葉の様子も
東北の城跡や観光地が分かるオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 玉縄城
  2. 辛垣城
  3. 人吉城
  4. 河越城
  5. 魚津城
  6. 丹後・大島城
  7. 能登・末森城
  8. 赤尾津城(天鷺城)
  9. 大仏ヶ鼻城(石川城)
  10. 紀伊・安宅本城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP