京都府

猪崎城 戦国時代へと誘われる城跡

猪崎城

猪崎城(いざき-じょう)は、京都府福知山市猪崎にある標高65mの平山城で、比高は40mになります。
監物山城とも、猪崎の城山とも呼ばれます。

築城年代は不明ですが、戦国時代の天文年間(1532年~1555年)に、横山城主・塩見頼勝の3男である塩見利勝(塩見筑前守利勝)が築いたとれさます。





1579年、織田信長の命を受けた明智光秀らの軍勢が丹波へ侵攻すると、黒井城を攻略し、塩見信房と塩見利勝が籠る横山城(福知山城)も攻撃を受けて落城しています。
他にも、和久山田城・荒河中山城なども落城しており、猪崎城の塩見家利(塩見播磨守家利)は、城に火を放って逃亡しましたが、その途中、川北付近で討ち取られたとされます。

猪崎城

余談ではありますが、明治10年、猪崎には12軒の貸座敷があり、猪崎遊郭(いざきゆうかく)として賑わったそうです。
最盛期には、茶屋揚屋78軒、娼妓160人、芸者100人とあります。

現在の丹波・猪崎城は、遺構の残存状態は抜群であり、なおかつ公園整備されているため見学しやすいらしいです。
主郭までの遊歩道も舗装されていて、歩きやすいとのことです。
ただ、福知山の市街地はどこもそうですが、大通りを外れますと、道が狭いです。
今回、予定外の訪問でしたので、時間がなく登城までは断念致しましたが、また、訪問した際には訪れたいところです。

交通アクセス・行き方ですが、JR山陰本線の福知山駅からバスで猪崎バス停下車、徒歩約5分となります。
クルマの場合、三段池公園の駐車場にクルマをとめて徒歩で向かうのが賢明でしょう。

福知山城のみどころ 塩見頼勝・小野木重勝も
明智秀満 本能寺の変を明智光秀が最初に相談した重臣
斎藤利三~明智光秀の重臣として明智家を支えた勇将
明智光秀と本能寺の変はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
初心者向け
旧国名
丹波
著者コメント
整備されていますので見学しやすいです。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 細川ガラシャ隠棲の地 味土野女城「細川ガラシャ隠棲の地」明智玉約2年間の逃避生活
  2. 二条城 二条城とは~京都における徳川家康の豪華滞在先【国宝・世界遺産】
  3. 丹波・山家城 丹波・山家城(山家陣屋) 和久義国や谷衛友
  4. 丹後・八幡山城 丹後・八幡山城 細川氏が入った最初の本拠地
  5. 上宮津城 上宮津城 盛林寺にある明智光秀の首塚も
  6. 建部山城 建部山城 先祖伝来の地を守り切れなかった一色義道
  7. 丹後・久美浜城 丹後・久美浜城(松倉城) 丹波水軍を率いて活躍
  8. 丹後・下岡城 丹後・下岡城 一色氏滅亡の影で犠牲となった家臣たち
PAGE TOP