宮崎県

野々美谷城~伊東尹祐が野々美谷城の戦いにて陣中で没する

野々美谷城

日向・野々美谷城(ののみだにじょう)は、宮崎県都城市野々美谷町にある山城で標高は155m、比高はあまりなく20mとなります。

大淀川を見下ろす台地の端にあり、東側を大淀川、北側を庄内川と、川が天然の堀の役割を果たしています。
江戸時代の記録では、諏訪城・西の丸・八幡城・石垣城・倉持城・尾崎城・平城・取添2城など、12の曲輪があったとあるようです。
ただし、現在は開発されており、5つの曲輪が残るのみと言うことです。

恐らくは古くから城として機能していたと推測します。

1394年に、人吉城主の相良前頼が九州探題・今川了俊の4男・尾崎貞兼、伊東氏・土持氏・北原氏らと、北郷氏の一族が守っていた野々美谷城を攻め落とします。
更には梶山城を攻めますが、都之城から救援として北郷久秀・北郷忠通・北郷知久が駆けつけますが梶山城は陥落し、北郷久秀と北郷忠通が討ち死にしました。

怒った島津元久は北郷義久との連合にて反撃し、樺山城の戦いにて今川勢を破ります。
尾崎貞兼は飫肥城まで逃れ、相良前頼は野々美谷城に逃げ込みました。
そのため、北郷義久らは、そのまま野々美谷城を夜襲し、相良前頼と弟・丸目頼書、丸野頼成、青井前成らを討ち取りました。





これにより、島津一族による庄内の支配が確定しています。
北郷義久は、弟の樺山音久を野々美谷城に入れ、野々美谷城は、樺山氏(かばやまし)が代々城主を務めました。

戦国時代となって、7代・樺山広久のとき、1521年に島津忠兼によって領地替えがあり、樺山氏は堅利55町・小浜24町、臼崎・持松を新しく与えられました。
そして、都之城主・北郷忠相の所領となったため、一族の北郷尚久が野々美谷城主として入っています。

ところが、1522年4月、伊東祐梁が10000にて都城に押し寄せます。
北郷忠相はうまく防ぐものの、その間に、日向・山田城を北原氏に奪われましたが、翌年4月、北郷忠相は北原氏の支配下となっていた山田城を奪還しています。

ほどなく11月には、伊東尹祐と伊東祐武が北原久兼と連合して、野々美谷城の戦いとなりました。

野々美谷城

このとき、北郷尚久は奮戦しますが流矢にあたって討ち死にし、野々美谷城は陥落しました。
ところが、伊東尹祐が、その陣中にて没します。
さらに弟の伊東祐梁も1ヶ月後に急死するという事態となり、伊東勢は撤退しています。

その後、伊東祐充が伊東家を継ぐと、北郷忠相は伊東祐充に野々美谷城を割譲し、娘を嫁がせて姻戚関係を結び、和睦します。
また、北原久兼とも和平を結んで、山田城を北原氏に返還しました。

島津宗家・島津義久によって伊東家は滅亡しますが、1587年、豊臣秀吉の九州統一のあと、石田三成らと親しくなった伊集院忠棟が、1595年から都之城主となったため、野々美谷城も庄内十二外城のひとつとなっています。

1599年、家督相続の確執から伊集院忠棟が誅されると、子の伊集院忠真は「庄内の乱」と呼ばれる叛乱を起こします。
このとき、野々美谷城には有田屋大炊左衛門、古垣大炊介忠時、古垣与兵衛尉忠興らが籠城しますが、志和地城が降伏すると、野々美谷城も開場したようです。

この乱の後、庄内は北郷氏に戻され、野々美谷城も再び北郷氏が所有するところとなり、江戸時代、1615年の一国一城令で廃城となります。

現在、諏訪神社がある曲輪が諏訪城ですが、遺構がよく残っているのは、平城と八幡城との事です。

南国には珍しい、雪混じりの雨が本降りであったため、遠景の撮影だけにとどめました。

伊東祐堯~日向伊東氏の中興の祖とされる名将
伊東義祐~日向から南九州の覇権を争うも伊東崩れで没落した名門の一喜一憂
都之城とは~都城を守りきった名将「北郷忠相」
日向・山田城~何度も戦乱にさらされている城跡
日向・安永城~北郷家が支配した庄内十二外城のひとつ
白石永仙~伊集院家の軍師として庄内の乱を進言
日本のお城訪問に便利なオリジナル地図
日向・飫肥城と風情ある城下町は超オススメの観光スポット

この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
日向
著者コメント
不明のため、コメント欄での情報提供期待しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!





関連記事

  1. 門川城 門川城と米良四郎右衛門(米良祐次)
  2. 都於郡城 都於郡城(とのこおりじょう)~伊東家の本拠として素晴らしい大規模…
  3. 日向・飯野城 日向・飯野城と北原兼親の没落~あの島津義弘が活躍した居城
  4. 清武城~稲津重政と妻・雪絵15歳の死
  5. 日向・野尻城 日向・野尻城と福永祐友~伊東家と島津家が凌ぎを削った要害
  6. 高鍋城(財部城) 高鍋城(財部城)と小浪川の戦い~財部土持氏の本拠地
  7. 日向・高岡城(天ヶ城) 日向・高岡城(天ヶ城)と野村文綱(野村備中守文綱)
  8. 日向・松尾城(縣城) 日向・松尾城(縣城)~日向の延岡にて勢力を誇った土持氏最後の本拠…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 落合岬
  2. 志賀城
  3. 徳島城
  4. 信濃・琵琶島城
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ

城めぐり 2000城超えました

城めぐり
PAGE TOP