兵庫県

備後・桜山城 (三原市) 三原城詰の丸

備後・桜山城 (三原市)




備後・桜山城 (三原市)は広島県三原市桜山町にある標高180m、比高170mほどの堅固な山城です。
この備後・桜山城(さくらやま-じょう)は、国指定史跡になっている、吉備津神社近くで桜山慈俊が挙兵した、備後・桜山城と、全く同じ名称なのですが、こちらは備後・三原城近くの桜山城になります。
最初の築城と致しましては、鎌倉時代後期の 文応から文永頃(1260年〜1274年頃)に、山名氏正が本拠にしていたと伝わります。
もちろん、平時は、麓の三原市内に屋敷があり、桜山城は、詰の城であったと考えられます。





山名氏正(山名権左衛門入道氏正)は、弟である山名備中に殺害されました。
その、山名備中は、山名氏正の子が討ち、桜山城を奪還したと伝わります。

山名氏は、もともと、新田氏の一族で、群馬の多胡郡(八幡荘)にある山名郷(群馬県高崎市山名町)が本貫です。
児玉党・山名氏の可能性もありますが、上記に出て来る、山名氏正と山名備中守の兄弟の出自は、よくわかりません。
いずれにせよ、関東から下向した、山名一族と考えられ、のち山名氏の本家は、備後国の守護にもなっています。

備後・桜山城 (三原市)

備後・桜山城 (三原市)の主郭には、一部ですが、石垣が用いられており、横堀・畝状竪堀も見受けられるようです。
また、別名を、三原城詰の丸とも呼ぶことから、戦国時代に、小早川隆景が改修した可能性もあります。
三原城は、海城ですが、平城に近いため、備後・桜山城を、詰城としても整備したのでしょう。
これらを考えますと、備後・桜山城 (三原市)は、三原城の整備・拡大と共に、出丸的に、取り込まれて一体になったとも言えるでしょう。





備後・桜山城 (三原市)は、ハイキングコースとして整備されており、南側から登れます。
登城する場合、駐車場はありませんので、JR三原駅近くのコインパーキングを利用しましょう。

備後・三原城【続日本100名城】小早川家が築城した本格的な水軍城
小早川隆景【詳細版】~毛利家大きく支えた智将
米山寺と小早川隆景の墓などがある小早川家墓所





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 仁田館
  2. 尾張・小幡城
  3. 仁賀保陣屋(平沢館)
  4. 横岡城
  5. 花沢城
  6. 常陸・武生城
  7. 門屋城(戸沢氏城館)
  8. 出羽・浜館
  9. 打下城
  10. 伊豆・長浜城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP