神奈川県

下溝城(下溝堀之内) 北条氏照の娘・貞心が暮らした相模の地

下溝城(下溝堀之内)




相模・下溝城(しもみぞ-じょう)は、神奈川県相模原市南区下溝にある平城(館跡)で、下溝堀之内とも呼ばれます。
相模原を流れる鳩川と道保川に挟まれた字下原地区(下原交差点の東一帯)が下溝城(下溝堀之内)の城跡です。
昔あった井上農園の場所が大手と伝わります。
大手から中に入って行くと、細い道は何度もクネクネと折れ曲がり、進んでもなかなか中心部にたどり着けません。
このような防御を考えた集落は全国に多数存在し豪族屋敷(堀の内)と呼ばれており、領主の住んだ場所とされます。





地図には記載されていませんが、地元では「堀の内」と呼ばれ、周囲を泥田が囲み、堀で囲まれた集落だったようです。
防御目的も少しはあったことから、下溝城と呼ぶ方が多いですが、実際には下溝館と言った方が正解だと存じます。
道保川の蛇行をうまく利用したもので、堀も幅約30m、深さ約5~7mあったようですが、現在はほとんど埋められて住宅地になっています。

下溝城がいつ頃からあったかは不明ですが、戦国時代1548年頃には、小田原北条一族の油井源三の所領の一部でした。
油井源三はのち滝山城・大石氏の養子となって八王子城主になった北条氏照です。
滝山城に入ってからも、油井領として所領していたようで、北条氏照の娘・貞心が武蔵・葛西郷渋江に39貫文を知行した北条氏家臣・山中大炊助(栃木県・佐野城の城代とも)と婚姻した際に「化粧田」としてこの下溝の堀の内を与えたと言う記録があります。

貞心の夫は早死し、貞心尼となり、一人娘も入水したと伝わり、2人を弔う為、貞心尼は堀の内で一生を終えたと伝わります。
貞心尼に随従してこの地に来た井上図書は堀の内に、福田兵庫助忠光は新屋敷にそれぞれ居住して村民となり、子孫は今日に至り、近年まで堀の内の住民の大半は「井上」という苗字になったのです。

下溝堀の内

貞心尼は荒れていた下溝天応院を再興しました。
貞心尼の死後、堀の内東奥の祠(ほこら)に山中貞心神社として奉られいます。(上記写真)
山中貞心神社の場所は下記の地図ポイント地点です。

遺構はありませんが、下溝城への交通アクセス・行き方は下記の通りです。
JR相模線の原当麻駅から、約1.2km、徒歩17分くらいの距離です。
カーブもある古い集落につき、駐車場はありません。
ギオンスタジアム付近の公園駐車場は近いように見えますが、下溝城は、坂道をくだった下に位置しますので、帰りが登り坂になります。

矢部氏館(矢部城) 相模原 矢部義兼(矢部良兼)とは
相模・津久井城~山頂付近の水の手から牢屋の谷など
相模・小松城(宝泉寺城)とは 相模原の城跡
当麻城(当麻要害) 相模でも歴史ある地を監視した鎌倉時代・戦国時代の城跡
相模・下鶴間城 (下鶴間城山) 山中貞信 山中貞住
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト
関東や神奈川県の城跡などのオリジナル地図





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 相木城
  2. 出羽・小山田城
  3. 土佐泊城
  4. 景信山烽火台
  5. 陸奥・高舘
  6. 大岐城
  7. 伊予・港山城
  8. 紀伊・亀山城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP