東京都

武蔵・愛宕山城(愛宕山砦)とは

武蔵・愛宕山城




武蔵・愛宕山城(愛宕山砦)は、東京都練馬区上石神井にある平城で、石神井城からほど近いところにあります。
城の北側は石神井川が流れており、天然の堀と川運を担っていたようです。
1477年、江古田ヶ原沼袋の戦いで勝利した太田道灌は、石神井城へ逃れた豊島泰経を追って、練馬の愛宕山に陣城を構えます。

このように愛宕山城(愛宕山砦)は、名将・太田道灌が石神井城を攻めた際に、本陣として使用したようです。
石神井城からは500mほど南になります。

愛宕山城(愛宕山砦)

石神井川の南面にあり、標高50m、比高8mのちょっと高台になっていますので、この付近では陣を置くのには向いていると思います。
発掘調査したところ、掘跡が確認され、太田道灌が一時的な陣としても、防御を施した砦を築いた事が伺えます。

トップ写真は石神井川からその高台を撮影したものです。





裏門ですが、写真を撮るならこちらの角度がまだ若干、往時を偲べそうな雰囲気ではないかと思います。
城址は早稲田大学高等学院になっており、遺構などはありません。
愛宕山城の場所は当方のオリジナル地図などでご確認頂けますと幸いです。

太田道灌の解説~忠義を貫いた扇谷上杉家の名将~伊勢原・太田道灌の首塚も
石神井城とは 三宝寺と石神井城の歴史を解く
練馬城の訪問記~遊園地「としまえん」になっているかつての東京の古城
新宿の山吹の里伝説~新宿中央公園の碑と紅皿の墓(大聖院)
勝海舟のすごさ
東京にある史跡巡り用オリジナルGoogleマップ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

只今人気のお城

城めぐり 2400城超えました

城めぐり
PAGE TOP