長野県

尾引城(横尾城)・曲尾城(千古屋城、根小屋城)・洗馬城へのアクセス

根小屋城

真田の里紀行、おまけのおまけ写真集です。

今回の移動途中に、狭い道をカーナビ頼りにちょっと寄り道しまして、遠景だけではございますが、真田の里の支城を撮影して参りました。

尾引城(横尾城)

信綱寺への入口付近にある昔からありそうな城が尾引城(横尾城)で、横尾采女正が築いたとされます。
標高は750m、比高は80m程です。

尾引城

下記地図のポイント地点から登れるようですが、周辺の道は狭く、駐車場がありません。
どうしても登りたいのであれば、真田の日帰り温泉に止めて行くと良いかも知れませんね。

曲尾城(千古屋城、根小屋城)

砥石城の支城として1533年頃に村上義清が築いたとされます。
標高は770m、比高100mで、高い方が根古屋城、低い方が千古屋城と呼ばれていますが、両方合わせて曲尾城ともあり、呼び方やそれぞれを1つの城として見るのかなど、様々な説があるようです。
現在、明確な遺構は残されていないとの事。

千古屋城

真田幸隆の手で砥石城が落城すると、越後から寝返っていた武田家・山県昌景の与力である大熊朝秀(大熊備前守朝秀)が城主になったようです。
真田の里の城ですので、当初は、真田幸隆も武田信玄に信頼されていなかったのかも知れませんね。
古屋城(根小屋城)の麓は、このページのトップ写真のように、岩の断崖になっていました。
いずれも登山道はあるようですので、登れます。





洗馬城(堀の内城)

洗馬城は傍陽小学校の北西にある、標高800m程の山で、遊歩道が整備されているようです。
比高は100mほど。

洗馬城

誉田足玉神社に車を止めさせて頂いて、傍陽小学校に歩いて行くと登山道入口があるとの事です。
傾斜も、あまりキツクないようでして、5分ほどで主郭に到達できるとの事です。

砥石城など真田の里を観光する際のヒントにどうぞ。

真田の里紀行はこちら
箕冠城 武田に寝返るも最後は忠義の士となった大熊朝秀

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

0
この史跡への皆様の評価→
攻略難易度
中級者向け
旧国名
信濃
著者コメント
事前に計画を立てて挑みましょう。




皆様からのクチコミ情報

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 小諸城 小諸城とは~佐久は小諸の懐古園を城跡として歩く見学ポイント
  2. 高遠城 高遠城 織田信忠が総攻撃して陥落させた武田の重要拠点
  3. 信濃・飯田城 信濃・飯田城 伊那地方の拠点となった城跡
  4. 荒砥城 荒砥城~山城として復元されロケ地でも有名な史跡公園
  5. 真田本城跡(松尾城) 真田本城跡(松尾城)訪問記・写真集~真田家のふるさと
  6. 信濃・丸子城 信濃・丸子城 徳川勢の攻撃にも耐えた丸子三左衛門
  7. 相木城 相木城と相木昌朝(相木昌友)~相木市兵衛や相木頼房も
  8. 信濃・愛宕城 信濃・愛宕城 飯田にあった最初の城
PAGE TOP