鹿児島県

薩摩・夏蔭城~城山防衛の最後の砦【西南戦争】

薩摩・夏蔭城




薩摩・夏蔭城(なつかげじょう)は、西郷どんで有名な薩摩・上山城(城山)の北側を守る、重要な拠点(出城)でした。

この山には、大きな松や楠(クスノキ)が生い茂っていて「日陰」が多く、夏でも過ごしやすかったとこから?、夏蔭城と呼ばれたようです。





南北朝時代の1352年に上山氏が築城したとも言われます。

夏蔭城

夏蔭城には城の構えなど砦としての機能は無かったようですが、鹿児島城(鶴丸城)の背後にある上山城(城山)の北方を警備する必要上、江戸時代には警備の侍が配置されていたと言います。

夏蔭城

なお、西南戦争(西南の役)の際、上山城に立て籠もった薩軍を攻撃する為、官軍が激しく攻撃したのが夏蔭城(夏蔭の塁)でした。
当然、夏蔭城には僅かな兵しか入れていなかったため、薩軍は市来宗介が怪我?するなど激戦の末、城山最後の日に夏蔭城を奪われたようです。

夏蔭城

そして、官軍が西郷洞窟がある岩崎谷へ官軍はなだれ込むこと事となり、西郷隆盛らは最後の突撃を行ったようです。
下記は夏蔭城から西方向の展望です。

夏蔭城からの展望

ただし、夏蔭城に関する情報は乏しく、上記のような程度しか分かりません。
恐らく、大河ドラマ「西郷どん」でも原作の方は、その夏蔭城も取り上げては頂けないでしょう。
しかし、西郷隆盛ら薩軍が生きるか死ぬかに、大きく関わった場所でもあったのではないでしょうか?





目だった遺構は特にありませんが、下記の地図ポイント地点に夏蔭城の石碑があります。

このように現在は夏蔭公園となっていますが、整備されたまま放置されているような印象です。
なお、残念ながら駐車場はありません。
ただし、公園内の道路は駐車禁止では無いようですが、ずっと急な1.5車線の坂を上って行く感じで、山頂部に行っても方向転換できるところはありません。

夏蔭城

また、山頂部にも民家があり、実際にお住まいですので、間違えて私有地に入らないよう注意が必要です。

わりと近くには、若かりし西郷隆盛らが「座禅」して修行したと言う「座禅石」があり、夏蔭城から東へと下って行くと、五代友厚の誕生地、そして、南へ向かえば城山と西郷洞窟があります。
徒歩で周りますと時間は掛かりますが、是非ご訪問なさって頂ければ幸いです。

※この記事は「ドラマ特集ニュース」より再編集したものです。

西郷隆盛 【西郷吉之助】の波瀾な生涯が詳しく「まるっとわかる」詳細版
西郷隆盛とは~1分でわかる薩摩の英雄・西郷隆盛 信義を貫いた巨星
西郷隆盛の魅力や人気の秘密は?なぜみんなから慕われるのか?
田原坂の戦いと吉次峠の戦い~西南戦争最大の激戦地と見どころ
島津久光(島津忠教)とは 薩摩藩の実権を握り維新へと功績を残す
島津斉彬とは~西郷隆盛・大久保利通、そして島津久光と薩摩藩での関係をわかりやすく
南洲神社と南州墓地~西郷隆盛の墓など幕末の志士が眠る墓所【鹿児島観光】
西郷隆盛ゆかりの地を効率よく巡る方法と見どころ紹介~鹿児島編
鹿児島の戦国時代や幕末の史跡を周るのに便利なオリジナルGoogleマップ





コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

城迷人たかだ

投稿者の記事一覧

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査している研究家です。
日本全国に出張して城郭も取材させて頂いております。
資格は国内旅行地理検定2級、小型船舶操縦士1級など。

都道府県別

ピックアップ記事

  1. 蜂須賀城
  2. 幸山城(高山城)
  3. 岩櫃城
  4. 佐和山城
  5. 丹後・中山城
  6. 南志見城
  7. 此隅山城
  8. 日幡城
  9. 槻橋城
  10. 岡豊城

只今人気のお城

城めぐり 2100城超えました

城めぐり
PAGE TOP